冬の乾燥辛いなら面会前にタミフル必要になることも

インフルエンザは主に冬の乾燥している時に大流行しやすい病気です。冬の乾燥している状況ではインフルエンザウイルスが飛び回ることができ、特に部屋の中、電車の中など密閉空間では感染してしまう恐れが大きくなります。しかも、インフルエンザは人によっては命にかかわるほどの大病になることもあるので注意が必要です。インフルエンザは潜伏期の数日から体外に放出され感染者を増やしてしまうので風邪のような症状が出ている方の近くにいる場合は手洗いとウガイをこまめにすることが重要になります。インフルエンザに家族がかかり、重症化して入院している場合の面会は特に注意が必要です。部屋の中にはたくさんのインフルエンザウイルスがいると考えて行動することが大事です。対策としては部屋に加湿器をいれて湿度を上げてウイルスが飛びにくくすること、面会後にはウガイと手洗いを徹底してウイルスの侵入を防ぐことです。面会時はマスクをすることも大事ですが、主に感染者がすることでウイルスの放出を防げます。インフルエンザの場合はタミフルが効けばウイルスの放出を抑えることができますが、タミフルは感染者以外でも有効です。タミフルのウイルス増殖阻害は感染していないくても意味があります。そんため、予防接種と同様に患者がいる家族には処方されることが増えています。ただし、タミフルは副作用がありますので持病、特に肺や腎臓などに持病がある場合には医師とよく相談しておくとよいです。また、タミフルは個人輸入でも手に入れられますが、一錠の用量が日本と異なることもあるのでホームページなどでしっかり確認してから利用し、副作用が出た場合には医師に相談することが必要です