新型行動計画によるタミフルと風呂の扱い

インフルエンザはウイルス性の病気として認知されていますが、インフルエンザ自体が変異をする可能性が高く、世界中で新型インフルエンザが猛威を振るっていることもあり、政府や市町村では新型行動計画の策定を初めています。新型行動計画ではさまざまな内容について検討されていますが特にタミフルと風呂などの行動についていろいろと要素別にこれまでとは違う要件も検討されています。新型行動計画でタミフルの扱いはとても重要視されています。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を防ぐことで重症化させず、また、沈静化を早めると言われています。しかし、インフルエンザウイルスの流行は時期でやってくるためにその場その場での需要が読めず、これまでは不足することが多々ありました。しかし、新型行動計画ではタミフルを早めに備蓄することや、日頃からインフルエンザウイルスの予防薬としても利用を進めることが決められることが多くなっています。タミフルを予防薬に使う件はまだまだ検討されることも多いのですが、インフルエンザウイルスの押さえ込みということで流行が始まった地域で予防用に処方することも検討が始まっています。また、風邪と間違えられやすいインフルエンザの症状のため、お風呂や食事の制限をする場合も多かったのですが、お風呂についてはシャワー程度であれば問題なく、また、発熱がひどい場合には避ける程度でよいと変わってきています。新型行動計画ではここ数年でえられた情報を元にインフルエンザの流行を抑え、また、流行してしまった場合でも早期の沈静化のために行政も含めた抜本的なインフルエンザ対策を行なうことで地域住民の安全と安心を得られるように努力されることになっています。