タミフルと面会制限解除・インフルエンザaとは

インフルエンザウイルスには型があります。日本で感染例がよくあるのは香港型とかインフルエンザaなどと呼ばれます。インフルエンザaとはインフルエンザウイルスの遺伝子の方です。お奥の医療機関ではインフルエンザウイルスの型を調べることができ、方に合わせてタミフルやリレンザを処方することになります。インフルエンザウイルスの特効薬としてタミフルがもてはやされていますが、型が合わなければ効果は少なくなると言われています。インフルエンザの症状によっては面会制限が行われるほど重症化する方も多いですが、面会制限解除の条件としてタミフルを服用してからの時間が受容しされる場合もあるほどです。面会制限解除についてはタミフルがきいてインフルエンザウイルスの増殖が収まったことを確認されてから面会制限解除が行われることが多いです。インフルエンザの症状は発熱などがありますがその症状が収まってから数日はインフルエンザウイルスの増殖、体外への放出が進みますので要注意なのです。そのため、家族で発症した場合にはウガイ、手洗いをしっかりしながら二次感染を防ぐことが重要です。二次感染を防ぐにはタミフルをしっかり飲むこと、また、空気清浄機も利用して空気を綺麗に保つ、また、湿度を上げてインフルエンザウイルスの飛散を防ぐことが大事です。特に湿度を上げる行為はウイルスの飛散を極端に抑えることができますので患者と同じ部屋に入っても直接咳を受けない限りは感染を防げる事が多いので対応したいところです。また、空気清浄機の中には空気を乾燥させてしまうものもあるので加湿型の空気清浄機を利用するか、加湿器を別途用意することが重要です。合わせて手洗い、うがいも重要です