インフルエンザの家族いたら空気加湿清浄機とタミフル

インフルエンザは感染力がとても強いのでインフルエンザの家族がいたら要注意です。しかも、飛沫感染なのでドアノブやトイレなどさまざまな場所にインフルエンザウイルスがいると思った方が良いです。インフルエンザの家族がいる場合には3つのことが大事です。1つはうがい手洗いをしっかりすることです。ウイルスが居たとしてもうがいや手洗いをしていれば多くの場合体内にいれることはありません。2つめは空気加湿清浄機を利用することです。空気は湿度が高ければウイスルの繁殖や移動を防ぐことができます。空気清浄機の中にはウイスルを倒す物もありますが、乾燥させてしまっては意味がないので加湿タイプの空気加湿清浄機が有効です。空気加湿清浄機が無い場合には湿度を上げるように洗濯物を干すなり、加湿器を使うなりすることで湿度を上げればインフルエンザウイルスが飛び回ることを防げます。3つ目はタミフルを飲むことです。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ役割がありますが、これはインフルエンザが発症していなくても有効です。そのため、インフルエンザの家族がいる場合には家族の分も処方してもらうなり、通販で購入することでインフルエンザウイルスを増やすことを防げます。インフルエンザウイルスが増えなければ感染しても発症を防げます。タミフルは副作用が心配される薬なので可能な限り病院で処方してもらい、異常があったらすぐに病院で診てもらうことが大事です。特に未成年に投与する場合には副作用が強めに出てしまう場合があるので身近で観察しながら投与することが必要です。また、インフルエンザの型がはっきりしていない場合はタミフルが効かない可能性もあるので要注意です。